特徴

患者様が適切な医療を受け健康的な社会生活が送れるよう
「病理診断」を通じて地域医療に貢献します

 当センターには多数の常勤・非常勤病理専門医、細胞診専門医、細胞検査士、臨床検査技師、営業員、事務員が働いておりますが、全員が地域完結型医療に貢献できることを誇りにしています。センターの特徴および目標は以下の通りです。

  1. 地域の医療機関と密に連携して臨床情報を共有し、精度の高い診断と迅速性をめざしています。
  2. 精度の高い診断のために、正確な検体処理と標本作製、安定した染色性などを追及しています。
  3. 迅速性診断のために、One Day Pathologyにも取り組んでいます。
  4. 細胞診と組織診の互いの利点を生かした総合的診断に心がけています。
  5. 細胞診断と組織診断は同一フロアーで行っており、細胞検査士と病理専門医は密に協力・連携しています。
  6. 各臓器・組織の専門家へのコンサルテーションも頻繁に行い、病理医間協力ネットワークの構築を目指しています。
  7. 臨床検査技師、細胞検査士、若手病理専門医などの研鑚に十分なサポートをしています。
  8. 細胞検査士や認定病理検査技師養成のために、早朝講義・実習(1/W)や全員研修会(1/M)を行っています。
  9. 地域の勉強会・研究会にも会場を提供し、年2回のBay consortium for cytology (BCCセミナー)が開催されています。
  10. その他、会議場としても提供し、開かれた診断センターとして機能しています。

 病理診断は「医行為」であり、病理診断は「医療機関」で行われなければなりません。しかし、日本全国の6, 7割の細胞診・組織診が公認医療機関ではない「検査センター」で行われているのが現状です。病理検体は年々増加しているにも関わらず、臨床検査技師、細胞検査士、病理専門医は年々減少しています。今後益々この逆相関に拍車が掛ることは明らかです。当センターは選ばれた「病理診断センター」として生き残り、「地域医療に貢献する」ことを目的に、日々精進して行く所存です。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社千葉細胞病理診断センタ-
センター長 亀田 典章